こんなにあるの⁈魅力満載、新幹線の車両について探れ!

 

 

■ドクターイエローとは

ドクターイエローは新幹線の線路や架線の工事、チェックのために運行している点検車両です。正式な名称は「新幹線電気軌道総合試験車」と言います。新幹線の運行が安全に行われるように整備を行うという役割から名前の通り、電車のお医者さんと呼ばれることもあるようです。

ドクターイエローは、乗客を乗せて走るということはありませんが、通常運行している新幹線と同等のスペックを持っています。最高時速は270kmで、床下に設置されている非接触レーザー式のセンサーでレールの状態を確認します。さらに、車体の上部にある特殊なパンタグラフを使って電気系統のチェックをすることも出来ます。前方ヘッドライトの下には監視カメラも搭載しているため、乗務員が目視で線路を点検することも可能です。

このドクターイエローは定期的な運行をしているわけではないので、鉄道ファンであっても、いつ運行するのかを確認するのは難しいとされています。しかし、一ヶ月に3度、主要駅でのぞみダイヤタイプが停車し、2ヶ月に1度こだまタイプが各駅で停車していることが多いようです。新幹線の電光掲示板に回送という文字が流れたら、ドクターイエローの可能性があります。確認してみましょう。